スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2010.02.01 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

JUGEM IT! from 出生率低下を食い止めるために「もっとセックスを」 | エキサイトニュース

出生率低下を食い止めるために「もっとセックスを」 | エキサイトニュース
[東京 21日 ロイター]
もっとセックスを。

出生率低下を食い止めるために、ある専門家がこんな提言をしている。

家族計画協会(JFPA)の北村邦夫常務理事は日本の英字紙『ジャパン・タイムズ』に「要するに日本人はセックスをしていないんです」と語った。

JFPAが16歳から49歳の男女936人を対象に行った調査によると、31%が「特定の理由はないが、1カ月以上セックスをしていない」を回答した。「セックスレス」として知られる現象だ。

北村氏は「補助金と福祉プログラムも重要ですが、セックスレスもこの問題で極めて重要なポイントです」と語った。

女性が一生の間に出産する子どもの平均人数である出生率は、日本の場合、昨年、史上最低の1.25に低下した。人口統計学者によると、人口が減らないためには2.1の出生率が必要だという。

コンドームメーカー「デュレックス」が昨年、行った調査によると、日本人のセックスの回数は平均年45回。世界の平均は103回で、調査対象国41カ国の中で最低だ。

北村氏によると、日本人男性の多くがワーカホリックで、仕事でストレスを抱えすぎているため、セックスをするエネルギーが残っていないという。また一方で、なんの理由もなく定期的にセックスをしないカップルが多い。

JFPAの調査によると、あまりセックスをしないと回答した人々の44%が、異性と関係を持つことは「非常に退屈」、もしくは「退屈」と回答している。

北村氏のアドバイスは、カップルはお互いにもっと話し合うべきだということ。

「私たちの中にある動物的本能、つまり生殖をもたらすのは、異性との相互関係なのです」




そうそう!!! そうなんだよ!!!!!!

最後が「異性」じゃなくてもいいじゃないかとは
思うものの(重箱の隅的発送)、
セックスが大事ってのはほんとそうだと思うよ。

大江戸打ち水大作戦



今年はなんかどたばたしとって
参加できんかった「キャンドルナイト」
残念やなあと思っとったら、はてなで似たような
「大江戸打ち水大作戦」というイベントを発見。

日時を決めて、
残り湯など二次利用水をつかって、
みんなで、いっせいに打ち水をする。
たったそれだけのこと。


たったそれだけのことで、真夏の気温を下げられる。
たったそれだけのことで、ヒートアイランド対策に効果をあげる。
たったそれだけのことで、真夏の電力エネルギーの節約になる。
たったそれだけのことで、地球にやさしい人になれる。
たったそれだけのことで、体も気持ちも爽やかになれる。
たったそれだけのことで、コミュニティがひとつになれる。
たったそれだけのことで、みんながハッピーになれる。

おもろそうかも。やってみよかな〜。

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM